葬儀の知識

喪主の役割

「葬儀を行う際、喪主にはどんなしごとがあるの?」
「喪主をするにあたって、どんな準備が必要?」

こういった疑問を持つ方は多いと思います。一生のうちで1回~2回ほどしか経験しないわけですから、それは当たり前のことです。今では葬儀社の多くがサポートしてくれるので、ほとんど心配はいりませんが、喪主の役割について知識を深めることで、よりよいご葬儀を執り行うことができます。

喪主の決め方

喪主の選び方は、一般的に「故人ともっとも親しい人、縁の深い人」が適当とされています。第一候補は故人の配偶者となるでしょう。ただ、故人の配偶者が高齢の場合やすでに亡くなっている場合は、子供がつとめることが多いようです。

昔は古いしきたりのなごりから女性がつとめることはなかったようですが、現在ではそのような性別は関係ありません。ただ、地域によっては習慣やしきたりが重んじられる場合もあるので、喪主を決めるときには家族・親族で相談して、あるいは葬儀社に相談して決めるのがよいでしょう。

ご逝去後の対応

ご逝去後の対応は以下の流れになります。

1ご葬儀の場所を決める

自宅、葬儀場、お寺など葬儀を行う場所を決めます。

2ご遺体の搬送先を決める

病院から遺体を搬送する先(自宅/葬儀場/その他安置所)を決めます。

3お寺様へ連絡する

菩提寺へ連絡します。特定のお寺様がない場合は葬儀社に相談すれば手配してくれます。

4遺影の準備

故人様の人柄が偲ばれるような写真を選ばれるとよいでしょう。

5葬儀業者の選定

ご葬儀の執り行いを依頼する業者を決めます。事前に相談して決めてあれば結構ですが、そうでなければ近隣の方や身内に相談してみてください。

葬儀会社との打ち合わせ

葬儀業者が決まったら、通夜葬儀に関する打合せを葬儀会社のスタッフと一緒に行います。

このお打ち合わせでは基本的に以下の項目を決めていきます。

  • 通夜/葬儀の日時と会場
  • 参列者数と予算
  • 葬儀内容
    (宗教宗派/祭壇/納棺/料理/返礼品/礼状文面 等)

葬儀式での役割

葬儀業者との打合せした内容に沿って進めます。

  • 身内及び関係先への通知
  • 役割分担(受付/会計/接待/出棺時の分担等)を決める
  • お供え物やお布施、心づけの確認
  • 生花配列順を決める
  • 弔電を確認し順番を決める
  • 弔問客応対
  • お寺様応対/お布施/お見送り
  • 通夜/葬儀の席順を決める
  • 通夜挨拶/葬儀挨拶/出棺挨拶/お斎挨拶

挨拶

通夜挨拶をはじめ、葬儀挨拶、出棺挨拶、お斎挨拶など、喪主として参列者の方々へ向けた挨拶をするのが一般的です。しかし、喪主が高齢の方の場合や心労により負担が大きすぎる場合、またそれ以外の理由などで、親族の方が変わって挨拶をされる場合もあります。

葬儀後のしごと

ご葬儀がすべて終了した後は、お寺様への礼参、事務引き継ぎ、手伝ってくれた関係者へのお礼、香典返しなどを行います。

手続き関連

故人やご遺族に関する、以下の各種手続きの申請変更が必要です。

  • 年金受給停止
  • 介護保険資格喪失届
  • 遺言書の検認
  • 相続の放棄
  • 国民年金の遺族基礎年金請求/寡婦年金請求/死亡一時金請求
  • 厚生年金の遺族厚生年金請求
  • 健康保険の埋葬料請求
  • 国民健康保険の葬祭料
  • 高額療養費の申請
  • 労災保険の埋葬料請求/遺族補償給付
  • 生命保険金の請求
  • 各種名義変更(不動産/預貯金/株式/自動車/電話/公共料金)
  • 免許証/パスポートの返却
  • 各種クレジットカードの解約
  • 所得税準確定申告

安心価格のコミコミプラン

ご葬儀に必要なサービス・消耗品・仏具等が全て含まれている価格で安心です。
(ご飲食・返礼品・宗教費用は含まれておりません。)