葬儀の知識

家族葬とは

「家族葬」とは参列者何名程の葬儀、またどんな方が参列される葬儀のことを言うのでしょうか?後悔なく葬儀を執り行うために、家族葬について知っておきたいことをご紹介します。

家族葬の定義は?

実は、これは人によって捉え方が様々であり、明確な定義がありません。本当にご家族だけでお送りする場合、親類縁者まで参列される場合、あるいはごく親しい友人関係まで参列される場合など、参列者数でも10名程度~50名程度まで広い範囲で「家族葬」と言われるケースがあります。

家族葬を希望される場合、本当に大事なことは参列者の範囲などの形式ではなく、何のために「家族葬」を希望するのか、どうやって故人様を送ってあげたいのか、というご遺族のお気持(あるいは故人様の生前のご意思)が最も大切にされるべきだと私たちは考えています。

家族葬をおすすめする方

家族葬という形式を選択されることで、通常のご葬儀よりもご家族の負担が軽減され、納得いくお別れの時間を過ごすことができます。

もちろんだからといって安易に家族葬と決めてしまうのは得策ではありません。親族や友人、知人等、のこされる方々にとってどのような形式が最も良い方法なのか、慎重に考える必要があります。そうした中で、家族葬は以下のような考えをお持ちのかたにおすすめのご葬儀の形式です。

  • 親族や故人と親しかった方だけでゆっくりお別れをしたい
  • 規模は大きくなくても心を込めてお別れをしたい
  • 生前に故人が希望したかたちで粛々とお別れをしたい
  • 高齢で付き合いが少ないため小規模な葬儀にしたい。
  • 身内だけなので質実で費用を抑えた形にしたい。

家族葬のメリット

家族葬はその特徴から、一般的なご葬儀に比べて参列者が少人数になることがほとんどです。ご家族を亡くし、哀傷の最中にいらっしゃられるご遺族の方が、その上で参列する大勢の方々へのご対応や大規模なご葬儀のご準備等をされるのは大変な負担となります。家族葬では、そういった負担を最小限に抑えることができます。

それに加え、規模が小さい分細かな部分に融通が効くため、生前に故人様の望みを葬儀の形にしたり、出棺前に限られた時間を家族だけで過ごしたりなど、故人様やご遺族の思いを葬儀に反映させることができます。

また、限られた方々のみでゆったりとした気持ちで思い出話をする時間を過ごすことも可能です。時間が取れる分、故人様と親しかった方々にこれまでの感謝の気持ちを十分に伝えることもできるでしょう。

家族葬のデメリット

場合によっては、ご葬儀に参列される方が少なくなることで、香典収入が少なくなることが考えられます。葬儀費用は香典によって賄われる部分も多くあるため、その分葬儀費用の面での葬家の実質負担が多くなる可能性もあります。

お住まいの地域や故人様もしくはご遺族の地位や立場によって、家族葬という葬儀の形式をご親族によく思われない場合もあります。もしものことが考えられる場合には、あらかじめご理解いただけるように話し合われておくことも大事です。

また、ご葬儀後に参列されなかったご近所の方、あるいはご友人の方々が故人様の自宅へ弔問に訪れることもありますので、その場合の対応を準備しておくことは必要です。

家族葬が選ばれる理由

葬儀の規模として家族葬を希望される場合、後で悔やむことのないようその理由をしっかり確認しておく必要があります。

1.費用を抑えたい

メリットでも挙げたとおり、家族葬でご葬儀を執り行うと小規模になりますので、葬儀全体にかかる費用の総額は抑えることができます。ただし葬家の実際の負担額で考えると、やはりご参列者数が少ない分、ご香典も減ることが予想されます。その結果、必ずしも葬家の負担額を抑えることができるかはわからない場合が多いです。よって費用面で家族葬をお考えの場合はそのことを踏まえ、慎重に形式を決めるべきでしょう。

2.葬儀後の負担を減らしたい

大きな葬儀を行うとお返しへの気遣い等、いろいろ心配な面があることは事実です。そういう気苦労をしなくてもいいように「家族葬」を選択するのは一つの方法だと思います。その際の注意点としては、ご友人等お付き合いがある方々へのお知らせをどうするかです。現在は「お告げ」と呼ばれるお知らせ用紙面に「故人の遺志により身内だけで執り行いますので、ご参列ご香典等のお気遣いは辞退させていただきます。」との一文を載せて参列されない関係者へもお知らせするのが一般的です。

3.身内だけでゆっくりとお別れしたい

私達は「家族葬」本来の目的はこの一点にあると考えています。大きな葬儀では、ご参列者への対応等でバタバタしていつのまにか火葬まで終わってしまい、気疲れだけが残ってしまったなんて話もよく耳にします。故人に対する想い、故人の生前の想いを大事にしながら、しっかりと気持ちの整理がつくように、ゆっくりと、心ゆくまで、お別れの時間を過ごすことができるのが本来の「家族葬」だと考えています。

安心価格のコミコミプラン

ご葬儀に必要なサービス・消耗品・仏具等が全て含まれている価格で安心です。
(ご飲食・返礼品・宗教費用は含まれておりません。)