新潟の葬儀ならセレモニー椿

新潟市 家族葬実績多数

24時間365日対応、ご相談はお気軽に。0120-108-401

  • お問い合わせ資料請求

「家族葬」の規模

「家族葬」の規模は?

そもそも「家族葬」とは参列者何名程の葬儀、またどんな方が参列される葬儀なのでしょうか?
これは人によって捉え方が様々であり、明確な定義はありません。本当にご家族だけでお送りする場合、親類縁者まで参列される場合、あるいはごく親しい友人関係まで参列される場合など、参列者数でも10名程度~50名程度まで広い範囲で「家族葬」と言われるケースがあります。
つまりは家族葬を希望される場合、本当に大事なことは参列者の範囲などの形式ではなく、なにのために「家族葬」を希望するのか、どうやって故人を送ってあげたいのか、というご遺族のお気持(あるいは故人の生前のご意思)が最も大切にされるべきだと私達は考えています。

「家族葬」の規模は?

そもそも「家族葬」とは参列者何名程の葬儀、またどんな方が参列される葬儀なのでしょうか?
これは人によって捉え方が様々であり、明確な定義はありません。本当にご家族だけでお送りする場合、親類縁者まで参列される場合、あるいはごく親しい友人関係まで参列される場合など、参列者数でも10名程度~50名程度まで広い範囲で「家族葬」と言われるケースがあります。
つまりは家族葬を希望される場合、本当に大事なことは参列者の範囲などの形式ではなく、なにのために「家族葬」を希望するのか、どうやって故人を送ってあげたいのか、というご遺族のお気持(あるいは故人の生前のご意思)が最も大切にされるべきだと私達は考えています。

目的

なぜ家族葬を希望されるのかの理由(目的)を確認しておく必要があります。

費用を抑えたい

参列者を広げすぎるとその後のお付き合い等が大変なので

身内だけでゆっくりとお別れしたい。

などなど、いろいろなご事情があると思いますが、それぞれについての注意点として、

1.費用を抑えたい

家族葬で執り行うと、小規模になりますので確かに葬儀全体の総額は抑えることができます。しかしながら葬家の実際の負担額で考えると、ご参列者数が少ないですからその分ご香典も減ることを考えれば、必ずしも葬家の負担額を抑えることができるかはわからないケースが多いです。よって費用面だけで考えるのはあまり適切な判断とは言えないかもしれません。

2.参列者を広げすぎると
その後のお付き合い等が大変なので

昨今、故人、喪主ともに高齢での葬儀が増え、ご近所付き合いも少なくなったなかで、大きな葬儀を行うとお返しへの気遣い、あるいは参列いただいた方々に関係する今後のご葬儀への対応等、いろいろ心配な面があることは事実です。そういう気苦労をしなくてもいいように「家族葬」を選択するのは一つの方法だと思います。その際の注意点としては、お付き合いがある方々(ご友人/ご近所/会社関係)への故人がなくなった時のお知らせをどうするかです。「家族葬だから身内以外は知らせなくてもいい。」とお身内以外には知らせずに葬儀を行ったあとで、「なぜ知らせてくれなかったのか。」と返ってあとの対応が大変になったなどという話も一昔前はよく耳にしました。現在は「お告げ」と呼ばれるお知らせ用紙面に「身内だけで執り行いますので、ご参列ご香典等のお気遣いは辞退させていただきます。」との一文を載せて参列されない関係者へもお知らせするのが一般的です。これでほとんどのごご心配は解決できると思います。

3.身内だけでゆっくりとお別れしたい

私達は「家族葬」本来の目的はこの一点にあると考えています。大きな葬儀では、ご参列者への対応等でバタバタしていつのまにか火葬まで終わってしまい気疲れだけが残ってしまったなんて話もよく耳にします。故人に対する想い、故人の生前の想いを大事にしながら、しっかりと気持ちの整理がつくように、ゆっくりと、心ゆくまで、お別れの時間を過ごすことができるのが本来の「家族葬」だと考えています。

目的

なぜ家族葬を希望されるのかの理由(目的)を確認しておく必要があります。

費用を抑えたい

参列者を広げすぎると
その後のお付き合い等が大変なので

身内だけでゆっくりとお別れしたい。

などなど、いろいろなご事情があると思いますが、それぞれについての注意点として、

1.費用を抑えたい

家族葬で執り行うと、小規模になりますので確かに葬儀全体の総額は抑えることができます。しかしながら葬家の実際の負担額で考えると、ご参列者数が少ないですからその分ご香典も減ることを考えれば、必ずしも葬家の負担額を抑えることができるかはわからないケースが多いです。よって費用面だけで考えるのはあまり適切な判断とは言えないかもしれません。

2.参列者を広げすぎると
その後のお付き合い等が大変なので

昨今、故人、喪主ともに高齢での葬儀が増え、ご近所付き合いも少なくなったなかで、大きな葬儀を行うとお返しへの気遣い、あるいは参列いただいた方々に関係する今後のご葬儀への対応等、いろいろ心配な面があることは事実です。そういう気苦労をしなくてもいいように「家族葬」を選択するのは一つの方法だと思います。その際の注意点としては、お付き合いがある方々(ご友人/ご近所/会社関係)への故人がなくなった時のお知らせをどうするかです。「家族葬だから身内以外は知らせなくてもいい。」とお身内以外には知らせずに葬儀を行ったあとで、「なぜ知らせてくれなかったのか。」と返ってあとの対応が大変になったなどという話も一昔前はよく耳にしました。現在は「お告げ」と呼ばれるお知らせ用紙面に「身内だけで執り行いますので、ご参列ご香典等のお気遣いは辞退させていただきます。」との一文を載せて参列されない関係者へもお知らせするのが一般的です。これでほとんどのごご心配は解決できると思います。

3.身内だけでゆっくりとお別れしたい

私達は「家族葬」本来の目的はこの一点にあると考えています。大きな葬儀では、ご参列者への対応等でバタバタしていつのまにか火葬まで終わってしまい気疲れだけが残ってしまったなんて話もよく耳にします。故人に対する想い、故人の生前の想いを大事にしながら、しっかりと気持ちの整理がつくように、ゆっくりと、心ゆくまで、お別れの時間を過ごすことができるのが本来の「家族葬」だと考えています。

資料請求・お見積依頼はこちら