お別れの会

2021年8月4日

 芸能人や政治家など、有名人が亡くなられたときでも最近はコロナ禍もあり家族葬で送られることが多いようです。ネットで訃報のニュースなどを見ていると、ご葬儀のあとに「お別れの会」を開かれる場合と、「近親者だけで済ませました。」とだけで「お別れの会」はないケースがありますよね。もちろん故人やご遺族の価値観、考え方の問題ですからどちらでもいいかとは思うのですが、そもそも「お別れの会」って何のために開くのでしょうか?

 

〇遺族の立場で考えた場合

・死んだときに仲間に見送ってもらえないと故人が寂しがるのではないか。

・生前お世話になった方々へのご報告の意味で開きたい。

 

〇故人と縁のあった側の立場で考えた場合

・永らく会っていなかったから、あらためて感謝の気持ちを伝えたい。

・亡くなられた事実を受け入れるために、気持ちの整理のために焼香に行きたい。

・故人と縁があった仲間たちで一同に会し故人を偲びたい。

 

という感じでしょうか。

いずれの理由もわかる気がしますね。ということは「お別れの会」を開く理由は誰でも共感できるものなのでしょうから、開くに越したことはないのかもしれません。

 

しかしながら「開かない」ケースも結構あるのも事実ですから、それはそどういう理由が考えられるのでしょうか。

〇遺族の立場で考えた場合

・故人の縁者の連絡先がわからない。

・費用と手間の問題

・故人が望んでいなかった。

 

これらの理由もわかる気がします。

そうすると「開かれない場合」には、故人と縁のあった方々の気持ちはどうなのでしょうか?

世の中的に大事になったという話はあまり聞きませんので、案外ご遺族の意向を素直に受け入れているのが現状なのではないでしょうか。自分の気持ちの整理は、故人とは離れた場所でご冥福を祈ることで折り合いをつけている方が大勢なのでしょう。

 

やはり結局はご遺族の考え方で決めればいいのでしょうね。

ただ開かない場合には、周囲からいろいろな雑音が入ることも承知で、その雑音に動じない覚悟も必要なのでしょうが(笑)

 

新潟の葬儀・家族葬ならセレモニー椿