葬儀関連市場における行動変化

2017年3月30日

鎌倉新書の勢いがすごい=市場の行動変化が進んでいるということ?

鎌倉新書さんが、今年中に東証1部へ市場替えするかもとのこと。鎌倉新書さんといえば、エンディング関係のプロ中のプロ。私もサイトで勉強させていただいています。

しかしマザーズへ上場していることを私は知らなかったので、このニュースを見てあらためて鎌倉新書さんの決算等を見てみました。

なんとサイト運営主体(書籍もありますが)で13億強も売上を上げているではないですか。
葬儀業界業者と、葬儀知識がない方々をマッチングして成功報酬を得ているビジネスモデル。
なんと来期は売上17億を目指すという。

いかに葬儀知識のない方々が、「近所の葬儀屋さんのおやじさん」や、「面倒見のいい組合会長さん」に聞くのではなく、サイトで情報を探して、さらに依頼までする人達がいかに増えているかということなのでしょう。

地縁の薄い地域からこういう現象が強まっていき、新潟でも少しづつ変化が表れてきているのかもしれません。

葬儀を上げる際の行動が確実に変化してきているということを感じさせられるニュースでした。