葬祭扶助

2017年4月21日

火葬ができすに死体遺棄で逮捕

こんなニュースを聞かれたことがあるかと思います。
お金がなくて身内が亡くなっても火葬することができずに、放置して死体遺棄で逮捕。悪意があるわけではないのに、本人もつらいだろうに、非常に切ない話です。

葬儀は開けなくても、せめて火葬だけなら方法があります。
生活保護を受けておられる方であれば葬祭扶助という助成制度があります。市役所の福祉課に相談すれば教えてくれます。
健康保険でも葬祭費や埋葬費として補助されるケースがあります。

いずれにしても、お亡くなりになられた方に対する想いもあるだけに、逮捕などとなればなおさらつらい状況です。

もし困られたときには葬儀屋さんに相談してもらってもいいと思います。なかには面倒がられる業者さんもおられるかもわかりませんが、お亡くなりになられた方と、ご遺族のお手伝いをするのが我々の役目ですので、もしものときはご遠慮なく。