72回目の終戦記念日

2017年8月14日

明日は72回目の終戦記念日です。

私は戦後生まれですから戦争の事は直接は知りません。
祖父や父、そして母から少しだけ聞いたことはありますが、3人とも戦争については積極的に話してくれたわけではありませんでした。

しかし母からは、「本当に戦争はいやだった。」という話を繰り返しきいた覚えがあります。
母は昭和6年生まれですから、終戦時14歳です。
永世中立国のスイスにあこがれ、地球の反対側にあるであろうスイスに行けないかと、地面に穴を掘ったこともあるそうです。
そして「東條英機のせいで、東條英機がわるかったんだ・・・」とも。
※母も本当のことをしっているわけではなく誰かにそう教えられたのでしょうが。

本当に多くの命が戦争によって失われました。
現場では誰も人を殺したいなんて思っていないのに、国の、組織の論理で戦争は起こってしまいます。
昨今またきな臭い話がテレビのニュースからも聞こえてきます。

いつになったら戦争のない、平和な世界になるのでしょうか。
世界中で戦争によって亡くなる人がいなくなるように願いながら、先の大戦で亡くなられた方々のご冥福を祈りたいと思います。