故人の銀行口座が凍結されて葬儀費用が・・・

2018年5月18日

葬儀費用の支払にあてる現金は事前に確保を

先般私どもでお手伝いしたご遺族から葬儀費用の支払についてのご質問がありました。
急に亡くなられたりすると普段まったく想定していなかったことがおこり、大慌てすることになりますのでちょっとご案内したいと思います。

まず亡くなられた方の銀行口座にある預貯金は遺産分割対象となりますので、口座名義のご本人様が亡くなられたことがわかった場合には銀行は口座を凍結してしまいます。
もちろんご遺族が連絡しない限り銀行は名義人が亡くなられたことはわからないのですが、ご遺族が凍結されることを知らずに相談すると銀行側も事情は理解してくれても凍結せざるをえなくなります。
遺産分割であとでもめた場合に銀行も巻き込まれる可能性がありますから無理もありません。
すると故人様の預金を葬儀費用の当てにしていた場合、どうにもしようがなくなります。

そういうふうに慌てることにならないためには2つの方法をご案内します。

1.相続人全員の了承のもと口座から引き出す。
手続きは面倒ですが、相続人全員の了承があれば葬儀費用を引き出すことが出来ます。葬儀費用は遺産分割の際に控除できますし、相続税の対象からも控除されます。

2.(急死でなければ)口座名義本人が事前に葬儀費用を引き出して準備しておく。
死期が想定される場合には、家族に迷惑をかけないようにするために事前に準備しておくことです。

いずれにしましても、終活が盛んになっている昨今、死に対しての準備が必要になっているということだと思います。