セレモニー椿に互助会がない理由

2018年6月27日

互助会加入のメリットとは?

私共の事前相談会にいらっしゃる方からご相談いただく事で割と多いのが互助会についてです。
それで今回は互助会について少し書いてみたいと思います。
セレモニー椿では、互助会はもちろん会員制度もございませんので、どなたでもいつでも同じ費用でのご葬儀が可能なのですが、ご相談いただく多くの方が、仕事上のお付き合いやご近所同志のお付き合いなどからなんらかの互助会に加入しておられるケースが少なくありません。

まずは互助会のメリットは何なのでしょうか?
1)月々積み立てることで急なご葬儀での大きな出費に備える。
2)実際の葬儀の際に割引が受けられる。
ということが一般的に理解されている内容だと思います。

実際にそうなのでしょうか?
1)は強制的に月々引き落とされることで抵抗なく貯金している感覚になるから安心感があるのだと思います。しかし間違ってはいけないのは決して貯金ではないということです。限られたサービス(決まった会社の葬儀や結婚式など)にしか使用できない(つまりお金を人質にとられている?)ですし、満期になっても全額決戻ってくることはないのですから。それであれば私なら共済などの安い生命保険に加入する方を選びます。
では2)のメリットはどうなのでしょうか?
それは割引額が妥当かどうか、リーズナブルであるかという事がすべてだと思います。しかし、リーズナブルであるかどうかを自分で判断できる人がどれほどいらっしゃるのでしょうか?葬儀を自分が喪主として経験することなど一生に一度か二度あるかないかだと思います。そんな状況でコスト妥当性の判断が果たして可能なのでしょうか?私であれば自分でコスト妥当性の判断ができないものに対しての投資はしないと思います。ましてや1)に上げたようなリスクがあるのであればなおさらですよね。
※互助会とは実際は商品サービスの前払い分割払いですから、加入時点で料金に納得しているのが前提ではあるのですが・・・。

まぁ互助会には、銀行預金や生命保険などの仕組みがなかった時代から集落の助け合いの意味もあってはじまった無尽のような習慣的なものが発展してできた側面もあるようですのでそれ自体が悪いというわけではありませんが、今の時代には合わなくなってきているのではないかと考えています。
長くなってしまいましたが、そんな考えからセレモニー椿には互助会制度は導入していないわけです。

ちなみに互助会は前払いなので解約できないと思っている方も多いようですが、解約手数料は発生しますが解約は可能です。
経済産業省のお墨付きです。
以上、ご参考まで。