遺産相続

2020年1月10日

 先日のヤフーニュースに「おひとり様の遺産相続」ついての記事がありましたので、今日は遺産相続について基本的な事を少し書いてみようと思います。
 相続は相続税が掛かるか掛からないかに係わらずすべての方に必ず発生します。その場合の相続優先順位をご存知でしょうか?
・配偶者は常に法定相続人になります。
配偶者とは別に法定相続人になる人の優先順位は、
・第一優先:直系卑属(お子さんですね)
※お子さんが先に亡くなっている場合は、代襲相続と言ってお孫さん、ひ孫さん、と下に向かって権利が移ります。
・第二優先:直系尊属(父母ですね)
※父母が亡くなっている場合は、上に向かって権利が移りますが、明治以前は戸籍がはっきりしていませんし年齢から考えて生存があり得ないと思われる場合はそれ以上調査の必要はありません。
・第三優先:兄弟姉妹
※兄弟姉妹の代襲相続については甥姪までです。それより下には移りません。

 では、配偶者も第一優先から第三優先順位までの法定相続人もいない場合はどうなるのでしょうか?
その場合は国に納められます。国庫に入るということですね。お金の渡る先だけ考えれば結論はシンプルなのですが、現実的に何も準備をしていなかったおひとり様の相続が発生した場合の問題点を考えると非常に大変なことが容易に想像いただけるかと思います。

まず発生するのは誰が葬儀を出すのか?死亡届は誰が署名するのか?そして法定相続人を探したり、資産状況を調べたりは誰がするのか?警察や自治体や債権者が対応することにはなるのでしょうが発見した周囲では相当な困惑と負荷がかかることになります。何よりも亡くなられた方を心から送ってあげられる人がいないままに火葬されてしまうことにせつなさを感じずにはいられません。

 そうならないためにもやはり生前から準備をしておくことが万が一の場合の自分への最善の供養になるのではないでしょうか。まだまだ利用は少ないですが任意後見、財産管理、死後事務委任など、準備のための法的枠組みも用意されています。これからは益々独居世帯は増えていきます。こういった枠組みと合わせ地域とのつながりをもち維持していくための取り組みの必要性も益々増していくことでしょう。私たちも葬儀だけではなく、生前からの安心を提供できる存在になりたいと思っています。